新銘柄、0x(ZRX)新たな分散型取引所プロジェクト!

 

0x(ZRX)概要

2017年8月18日現在、暗号通貨時価総額ランキングサイト

Market Capitalizationsでランキング50位に位置しております。

通貨名(通貨単位):0x(ZRX)

最大発行枚数:1,000,000,000ZRX

現在の発行枚数(記事作成時):600,000,000ZRX

公式サイト:https://0xproject.com/

ホワイトペーパー:https://0xproject.com/pdfs/0x_white_paper.pdf

Slack:https://slack.0xproject.com/

0x(ZRX)とは?

0x(ZRX)は分散型交換プロトコル、分散型取引所系のプロジェクトのようです。

注目度もそこそこにあった案件の一つで、ICOを行う前に資金調達も達成しているようで期待度がかなり高いと思われます。

取引所のハッキング問題や横領など問題がない分散型取引所はこれから需要も増えていくように思います。

中央集権型取引所とは?

銀行や従来の仮想通貨取引所、(コインチェックなど)企業や国家などの一部の人間がコントロールすることが可能な権利を持つシステムなどのことを中央集権と言ったりします。

中央集権(ちゅうおうしゅうけん、英語: centralization)とは
狭義では、行政や政治において、権限と財源が中央政府(国家政府)に一元化されている形態。
広義では情報収集と決定権が本社(本部)に一元化されている組織。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%9B%86%E6%A8%A9

分散型取引所とは?

DEXとは(Decentralized EXchange)の略です。和訳すると「分散型取引所」となります。

基本的には仮想通貨取引所を利用して様々な仮想通貨の売買を行っていると思いますが、取引所などへ現金の入金などを必要せずにイーサリアムのブロックチェーンを利用して直接的に取引を行うことができる。

運営元(仮想通貨取引所)を介さず、P2P間で取引が可能なため取引所破綻や、ハッキングによる盗難のリスクを軽減する事が可能です。またブロックチェーン上に記録されるため注文履歴などを閲覧することもできます。

上記だけを見れば良い事ばかりに見えますが少なからずデメリットも存在します。現状ではやはり流動性が低い点や、取引状況の監視が難しい点でよりマネーロンダリングの手段となりやすいというのも欠点の一つです。

また、仮想通貨から現実通貨に交換する為にはP2P方式で取引を行うには現状では不可能に近いと言われているため、実際には従来の中央集権型取引所も必要不可欠なようです。

0xプロジェクトの注目ポイント

既存の分散型取引所の欠点は「非流動性」「低速」「高価」お互いに「動作不能」であることです。ブロックチェーン上の操作注文書について単一トランザクション毎(注文や注文の変更)に対して取引手数料が掛かっていてユーザーの負担でした。

0xでは注文が決済される場合にのみ、ブロックチェーンから中継される注文の標準プロトコルを作成するため余計な手数料が発生しない点です。

0x(ZRX)トークンの役割

0xトークン(ZRX)は取引手数料を支払うために使用されます。しかし主なトークンの目的には0xプロトコルのアップグレードシステム上の分散型統治つまり、ZRXを所有していることは、プロトコルが時間の経過とともにどのように改善されるべきかに比例しています。

0xチームの行う開発に対して異議がある場合、それに対し投票する権利があるようで方向性に影響を与えたい場合は、ZRXトークンを使用します。また、より多くのトークン=より多くの影響になるようです。

詳しくは以下のサイトを参照してください。

参考サイト:https://blog.0xproject.com/a-beginners-guide-to-0x-81d30298a5e0

まとめ

上記でも記載した通り中央集権型取引所も必要不可欠ですが、将来的にはDEXを利用した取引が主流スタイルになって行くのではないか予想しています。

しかし、分散型取引所は操作性など初心者の方などは使い方自体難しいなど解決していかないと行けない点もまだまだあります。

今はまだ必要不可欠な存在の仮想通貨取引所ですが、ハッキングリスクからの解放などトラストレスを得るために新たな取引方法としてDEXに注目してみては?(^^)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で