高騰!仮想通貨リスク(LISK)の詳細や今後の展開ついて

仮想通貨は1000種類以上種類があり、ビットコインを主軸に盛り上がっています。送金の利便さや投機感覚で参入している個人や組織は多いと思います。

ただ、仮想通貨についてまだそこまで詳しく知らない方や、これから勉強したいという人はどのような観点から仮想通貨と取り組んでいくと良いのでしょうか。

今回は仮想通貨のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中でも比較的有名なLISKに焦点を当て、仮想通貨に取り組む上での視点や具体的な詳細について深く追求していきたいと思います。

 

仮想通貨の特徴とそれぞれの性質

仮想通貨には、大きく分けて2つ特徴があります。日本ではこの2つの観点から取り組まれていることが多いと言えます。

1つは送金システムの利便性と送金の安さです。銀行のような媒体を介してBtoBやBtoCで送金をする場合、時間がかかることと、送金手数料がかかります。仮想通貨のメリットは送金が早く安いというのが特徴の一つです。

2つは、投機的な特徴です。株やFXと比べても圧倒的に価格の増減のテンポが早いです。よく言えば1つの事象からレートが大きく上がり、かなりの利益が出る可能性があります。同じように急下落の可能性もあるので、やり取りする仮想通貨についてよく調べ、相対的に仮想通貨の全体像を見る知見が必要となります。

仮想通貨で投機的な取り組みをするなら、短期的な取り組み、長期的な取り組みと分散して計画を立てることが収益を上げるポイントの1つと言われています。

また、仮想通貨はなぜ数多く種類が存在しているかというと、それぞれの仮想通貨にメリットとデメリットがあります。具体的には送金スピードも仮想通貨によって異なります。また、システム上のトラブルが存在し、ハッキングやシステムストップが発生するケースのある仮想通貨も存在します。

世界中でボーダレスにより性質や用途の利便性の高い仮想通貨を作成、改善をするめに日々研究がされています。世界中のプログラマーやエンジニア、企業等が開発に取り組んでいるため、数多くの仮想通貨が誕生しました。

今では、利便性の高い仮想通貨や知名度の高い仮想通貨等が日本や世界中の取引所で取り扱われています。仮想通貨のバックグラウンドや取り扱いを把握し、俯瞰して取り組むとリスクヘッジできると思います。

仮想通貨LISKとは?

・LISKの沿革

  • 平成28年5月 発行開始
  • 平成28年5月24日 1LISK=56円まで上昇
  • 平成29年2月 セキュリティ向上のため、ソフトウェア改革
  • 平成29年5月 1LISK=300円まで高騰
  • 平成29年8月27日 8月だけで1LISK=800円まで高騰
  • ※Microsoft azure,shapeshift,chain of thingといった企業との提携

・LISKの特徴

LISKの特徴の1つにスマートコントラクト属性の仮想通貨であることが言えます。スマートコントラクトについては以下の3LISKとEthereum(・Ethereumについて)を参考にしてください。

また、もう1つの特徴としては、ブロックチェーンの中にメインチェーンとサイドチェーンがあるのが特徴です。メインのブロックチェーンとは別に、分散型アプリケーション上にブロックチェーンを用意し、コードを書いて動作させています。

・LISKの強み

①LISKのサイドチェーンには大きなメリットがあります。イーサリアムの場合、基本的にすべてのプログラムを一つのメインチェーンで動かすことになりますが、サイドチェーンを使うと複数のブロックチェーンを別々に動かすことができますので、処理能力が圧倒的に高くなります。

そしてメインのブロックチェーンに情報がほとんど乗らないため、スケーラビリティを向上させるメリットもあります。また、LISKのプラットフォーム上に作った、アプリケーションに問題が発生しても開発者がコントロールをすることができます。


②webプログラマーにとってLISKではプログラム言語にJavaScriptを採用しています。LISKの特徴の1つであるサイドチェーンへのハッキング等が今後問題として考えられます。

その際にバージョンをアップやカスタマイズがプログラマーにとってしやすいので使いやすいという側面があります。

javascriptを採用している仮想通貨は少ないので、そういった観点から他の仮想通貨と差別化することができます。

・LISKのデメリット

LISKが採用しているサイドチェーン技術のデメリットとしてリスクコインで使われているアプリケーションは(decentralized applications)略してDApps(ディーアップス)と呼んでいます。

規模が小さいDAppsのブロックチェーンを使った場合、ハッカーからの攻撃を受けやすくなります。利用する場合には信頼できるDAppsを選ばなければいけません。この点に関しては将来的に対策を考えているようですので、今後liskが認知され始める頃には解決している問題だと思います。

・LISKとマイニング

ビットコインや数多くの仮想通貨では取引の承認に関してはマイニングと呼びますが、LISKの場合はフォージングと呼ばれており、1年ごとに得られるフォージングの量は年々減っていきます。

・取り扱い取引所

  • coincheck
    送金料 入金無料 出金400円
  • Bittrex
    送金料 取引額の0.25パーセント
  • poloniex
    送金料 取引量による

LISKとEthereum

・Ethereumについて

2017年4月25日に、米国証券取引委員会(SEC)は時価総額2位の仮想通貨イーサリアムのETF化の審査を開始しました。

これにより投資家の期待が高まりイーサリアムの価格は急騰しました。LISKもこの流れを受けてイーサリアム関連の通貨として大量に購入された可能性があります。イーサリアムの代表的な特徴はスマートコントラクトです。

スマートコントラクトとは、イーサリアム上で作成されたプログラム(契約)を自動で取引してくれるという特徴があります。契約が結ばれる際、スマートコントラクトを活用して、細かい詳細をプログラム上におこしてブロックチェーン上に記録できるという機能に加えて、互いの仮想通貨上の通貨を自動で取引してくれるため、口頭約束での取引をスマートコントラクトで行うことで強制力も高まり、法律上の証拠にもなります。

・LISKとEthereum

イーサリアムが使っているメインチェーンのプログラムですが、これには大きな難点があります。それは『一度メインチェーンにコードを乗せると修正することが不可能になる』

一度メインチェーンに情報を載せると修正が難しくなりますので、ハッキングに対処できずに最終的には分裂するという手段を取るしかありませんでした。

しかしリスクコインで同じような事件が起こった場合、メインチェーンではなくサイドチェーンを使っているので、イーサリアムの時のような大きな被害は起こることはないのです。

リスクコインの使っているサイドチェーン技術は、ハッキングやバグに対応しやすいというメリットを持っているのです。

LISKの今後を分析

レートについては2017年6月7日にLISKの価格は急騰し、わずか1日で実に2倍近くまで上昇しました。6月1~2日にかけてドイツのベルリンで開催されたBlockchain EXPO 2017の影響が理由の1つとして考えられます。

LISKが大きなカンファレンスに登壇したのはこれが初めてであり、多くの投資家の注目が集まったことが大量の買いにつながった可能性があります。

また、8月に入ってからレートが倍以上まで高騰しています。システムが整備され準備が整ったこともあり、実用性が高まってきています。

まとめ

いかがだったでしょうか。仮想通貨1つ1つの背景や性質を知ると、今後の予測を立てることができます。

また、人によって見解は異なるので、世界各地でそれぞれの好む仮想通貨を応援する動きが予想されます。

日本のAKBのようにファンによって、それぞれ推しメン(推薦するメンバー)ができると思います。(笑)

皆さんも仮想通貨についてたくさん学び情報を得ると色んな発見があると思いますので、どんどん興味を持っていただけることを願います。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で