ビットコインを保管、オススメのウォレットは?

2017年7月23日

ウォレットって何なの?

今やビットコインウォレットも数多く存在します。

通貨を保管する上で重要になってくるウォレットですが、

色々な種類があって初心者の方は、どれを選んで良いのかわかりづらいと思います。

今回はウォレットのタイプなどを紹介していきたいと思います!

ウォレットの種類とは?

ビットコインウォレットには代表的な4種類のタイプがあります。

・WEB型ウォレット
・クライアント型ウォレット(PC、デスクトップなど)
・モバイル型ウォレット
・ハードウェアウォレット

またペーパーウォレットが存在しますが、実用的では無いため省きます。

それぞれメリット・デメリットもありますので説明していこうと思います。

・WEB型ウォレット

インターネット上でウォレットを開設・保管していくタイプになります。

ネット環境さえあればいつでもどこでも簡単に利用できて便利ですが、

基本的にセキュリティ面はサイト管理者に一任されるため

第三者にサイトがハッキングされ盗難されるリスクがあります。

失って困る額のビットコインを管理するのには、

絶対にオススメできません

・クライアント型ウォレット

パソコン上にウォレットをインストールして使用するタイプになります。

手軽に使用することができますし、WEB型よりもセキュリティに優れているのが利点です。

ただしPCが故障したり、ウイルス感染やハッキングを受けて

盗まれる恐れがありますので、バックアップやセキュリティ設定等にも気を使いましょう。

・モバイル型ウォレット

iPhoneやAndroid上のアプリとして使用することができます。

実際の店舗利用を考えている方には非常に便利です。

一般にウェブウォレットよりは安全だと考えられますが、

それでもセキュリティ面では不安があるため、

多額のビットコインを管理することは

絶対にオススメできません

・ハードウェアウォレット

専用の端末を使用してビットコインを保管する方法です。

基本的には長期的な保管用でオフライン環境下で保存することになります。

セキュリティに非常に優れています

パスワードその他認証システムによって厳重に保護されているため、

最も安全であると考えられます。PCに接続すれば簡単に使用できる利便性も備えています。

バックアップを確実にとっておけばビットコインを紛失することはありませんが、

端末自体の故障リスクや本体価格が高額であることなどが欠点です。

結果的にどのウォレットがおすすめなの?

 

どのウォレットを利用するかは利便性を重視するか、

安全性を重視するかが選ぶ基準になると思います。

以上のことを踏まえて考えると長期保管にはハードウェアウォレット。

支払いに利用することを考えてモバイル型ウォレットとの併用が

もっとも安全にビットコインを保管できると思います。

私も上記の方法で保管していますよ(^^)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で