無料配布!?誰でも貰える仮想通貨Byteball(バイトボール)

2017年8月29日

Byteballの概要

 

通貨名:Byteball(GBYTE)

現在の発行枚数(記事作成時):526,327 GBYTE

最大発行枚数:1,000,000 GBYTE

公式サイト:https://byteball.org/

Slack:http://slack.byteball.org/

仮想通貨が無料配布!Byteball(GBYTE)

そんな夢のような話があるのか?実はあるんです!

Byteball(GBYTE)という暗号通貨です。

Market cap(マーケットキャップ・暗号通貨ランキングサイト)

ランキング30位に(記事作成時)位置しております。

なんとこのGBYTE日本円に換算すると1枚6万円もするのです!

すごく太っ腹ですね!

この通貨タイトル通り無料で貰うことができるのですが、

条件があるのでそちらの方を説明してまいりたいと思います。

Byteball(GBYTE)エアドロップの条件とは?

 

無料配布は毎月、満月の日となりビットコインブロックチェーンと

ByteballのDAGスナップショットを取ってからの配布となります。

条件は以下の通りです。

  • BTC(ビットコイン)を保有している方。
  • Byteball(GBYTE)を保有してる。

この二通りのパターンで無料配布を受けることができます。

また、このByteballちょっと変わってましてbytes(GBYTE)と

blackbytes(GBBYTE)という2種類の通貨が貰えるのです!

BTCとGBYTEでは貰える量に違いがあります。

1BTCに対してのbytes配分は=0.0625GB
1BTCに対してのblackbytes配分は=2.1111×0.0625GB

bytesに対してのbytes配分は細かすぎるので、1GBYTEで説明します。
※(1GBYTE=1,000,000,000bytes)

1GBに対してのGB配分は=0.2GB
1GBに対してのGBB配分は=0.42222GBB

※2017年9月から配布に変更がありました。

GBを保有してる方が、貰える量は断然多いですね!

Byteballの最大供給量は1,000,000 GBYTEと決まっていて

すべてこの方法での配布となります。

BTCのリンク数で配布回数に変動はありますが、

あと、複数回無料配布があるはずなので

参加してみてはいかがでしょうか?

参考記事:Byteballエアドロップ(無料配布)の参加方法を解説!

【追記】9月エアドロップ分から配布率の変更点について

エアドロップ配布率に変更がありましたので記事にしてみました、詳しくは以下を御覧ください。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で