仮想通貨は単なる送金システムではない?ブロックチェーン・その可能性とは?

2017年8月15日

仮想通貨を使用すると、送金にほとんど手数料がかからない。

そのため、仮想通貨をただの送金システムだと思っていませんか?

しかし、仮想通貨を支えるブロックチェーンについて学べば、きっとその考えが変わるでしょう。

本記事は、ブロックチェーンがもたらす可能性について紹介します。

■ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、分散型のデータ集積システムです。

データを一定間隔で区切りブロックとして、ネットワークに参加するノード間で記録、共有します。ブロックチェーンの取引は、不可逆でありブロックの修正を行うことはできません。

以下、ブロックチェーンを支える技術について説明します。

◯ハッシュについて

ハッシュとは、データの受け渡しで改ざんがなかったかを確認するための暗号技術です。

ある入力に対して、出力する値は常に一定です。ブロックチェーンでは、前回のブロックのハッシュを次のブロックに含めることで、不正が行われないようにしています。

◯P2Pについて

P2P(Peer to Peer)とは、それぞれのノードがネットワーク上でつながっている状態を指します。

クライアントサーバの対立概念です。ブロックチェーンでは、P2Pでつながった各ノードが、過去のデータをそれぞれ保有することで、不正をチェックしています。

◯POWについて

POW(Proof of Work)とは、ブロックを承認するために必要なデータを算出するシステムです。

ブロックを生成する時、nonce(ナンス)と呼ばれるハッシュが含まれます。そのハッシュをマイナー(採掘者)と呼ばれるノードが、総当たり式に特定します。

そして、一番早くnonceを発見したマイナーに報酬が支払われます。ブロックには、過去のデータも含まれているため、偽造をすることは現実的に不可能です。

■ブロックチェーンの可能性とは?

前章で、ブロックチェーンを支える技術について、説明しました。

この技術の応用範囲は仮想通貨に限定されるでしょうか。

いいえ、違います。ブロックチェーンは、他のあらゆる分野にも応用可能な革新的技術なのです。

この章では、ブロックチェーンの特徴について述べることで、その可能性について言及します。

◯新しい取引のカタチ

ブロックは、公開されており、過去の取引記録を全て保持しています。

そのため、データを追跡することが可能なだけではなく、透明性の高い取引が可能になります。

これは、取引を行う、どの産業においても、応用可能な特徴です。例えば、不動産、医療、流通産業などが挙げられます。

◯ゼロ・ダウンシステム

ブロックチェーンにおける取引は、特定の中央サーバで行われているわけではなく、分散されたノード間のネットワークによって行われています。

そのため、サーバがダウンする可能性はありません。これによって、安定したサービスの構築・運用を行うことができます。

◯エコシステムの安全維持

ブロックチェーンは前の章で述べた通り、不正な取引を承認することは現実的にありえません。

そのため、中央管理者が不在かつ悪意のあるユーザが存在しても、エコシステムが安全維持されます。

これは、情報インフラを必要とするあらゆる産業の根幹になりうる特徴です。

■まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。本記事ではまず、仮想通貨を支えるブロックチェーンについて、技術的に説明しました。

そして、ブロックチェーンの特徴をまとめることで、この技術が他分野にも応用可能であることを述べました。

これで、仮想通貨がもたらしたモノは、単なる送金の利便性ではなく、あらゆる分野を変革しうる、革新的な技術だということがわかるのではないでしょうか。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

雑談

Posted by CryptoMONA