Byteballエアドロップ(無料配布)の参加方法を解説!

2017年8月5日

Byteball配布への参加方法

Byteballエアドロップへの参加ですが、前回の記事の通り貰う方法が2パターンあります。

BTC保有者またはGBYTE保有者です。

ではどうやればいいのかというとそれぞれやり方が違うので説明していこうと思います。

スナップショットの日時が秒単位でわかるサイト

毎月配布されるByteballの配布日時は以下のサイトでわかります!

公式サイトからウォレットを入手しよう!

まず公式サイトへアクセスしましょう。Byteball

こちらからお使いの端末を選び保存、インストールします。

full walletの場合だと同期までに丸1日かかる場合もありますので、

時間があるときに済ませておきましょう。

BTCをマイクロペイメントで紐付ける方法

BTCに関してはBTCバランスを証明する必要があります。

私はこれだけのBTCを持っていますよ~ということを証明することですね!

BTCバランスを証明する方法は2つ。

1つ目の方法として、Byteballウォレットtransition botから指示された、

アドレスへ極少数のBTCを送金して紐付けする。

この方法では、Byteballアドレスに複数のBTCアドレスを紐づける事も可能です。

まずBotに自らのByteballアドレスを打ち込みます。

するとBTCを振り込むアドレスを送り返してきますので、

指定されたBTCを指定のアドレスに送ります。

トランザクションの承認が終われば次の配布でこれぐらいのGBYTE貰えますよ~。

とbotでお知らせが来ますので気長に待ちましょう!

2つ目の方法なのですが、知識が無い方だと少々複雑なのですが、

メッセージ署名の機能があるウォレット(トレザーなど)で紐づけることも可能です。

こちらの方法であればBTCを送ることなく紐付けが可能なので、

できる人であればそちらのほうがいいかもしれません。

Electrumを使用した署名で紐付ける方法

参考記事:無料でメッセージ署名可能なウォレットElectrum

ビットコインのメッセージ署名が利用できるウォレットであれば無料で紐付けることができるのでその方法を解説したいと思います。

Electrumウォレットにビットコインを移したら、自分のビットコインアドレスを確認しておきましょう。

次に「Transition bot」にビットコインが入った自分のアドレスを送信します。

Botからの返信の赤線部分をコピーします。

次にElectrumの「ツール」から「メッセージの署名・署名の確認」を選択しましょう。

メッセージ欄に先程「Transition bot」からの返信内容を貼り付けましょう。

アドレス欄にはご自分のビットコインアドレスを入力しましょう。

入力が終わったら左下の署名をクリックすれば署名結果が「シグネチャ」の部分に書き出されると思いますのでコピーしておきましょう。

 

署名結果を「Transition bot」へ送信して成功ならば次のような返信があります。

きちんと完了していれば紐付けされているビットコインの数量、次回配布時に貰えるGBYTE量もお知らせしてもらえます。

以上で署名による紐付けの方法は終了です。

 

GBYTEで配布を受ける場合

GBYTEで配布を受ける場合ですがこちらはすごく簡単です。

ウォレットにGBYTE入れて待つだけです!

笑っちゃうぐらい簡単にできるので試してみては如何でしょうか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で